ローコスト住宅がすごい!

価格はローコストながら大手ハウスメーカーに負けず劣らずな性能を兼ね備えた、まさにいいとこどりの住宅、それをローコスト住宅といいます。

しかし未だ「家は高額なもの」というイメージが先行しすぎて、「安いからには何か欠陥があるんだろう」「安い材料を使っているから断熱の性能や耐震強度が心配」と、まだまだローコスト住宅にネガティブなイメージを抱いている方がいるのも事実です。

しかしデイクの家が提案するローコスト住宅は、施工を担当した多くのお客様からお喜びの声を頂戴しております。

今回はそんなローコスト住宅へのネガティブなイメージを払拭すべく、ローコスト住宅に詰まっている「すごい!」を皆さんにご紹介していきます!

大手ハウスメーカーに負けない設備

では早速、デイクの家が手掛けるローコスト住宅の設備から説明していきます。

耐震強度がすごい!

ローコスト住宅はすごい!耐震強度

家の購入を考えていらっしゃる方なら絶対に気になるであろう家の耐震強度。

「ローコスト住宅は、安い建材を使っているので、耐震強度が通常の建物より弱い」と一部で言われていたりもします。

しかし弊社が手掛けるローコスト住宅の耐震等級は、なんと3!

これは建物の3つの耐震性レベルの中で最も高く、震度7の揺れにも耐えられると言われています。どれだけ凄いかと言うと、あの連続で震度7レベルの地震が起こった熊本地震でも耐えられるレベルなのです。

更に建築時には、地震の揺れを最大73%軽減してくれる「耐震ダンパー」という装置も設置するので、二重で安心!まさに「地震に強い家」と言えますよね。

断熱性能がすごい!

断熱材は「セルロースファイバー」という木質繊維の断熱材を使用しています。

こちらは安価ながら断熱性能が非常に優れた素材で、

・夏は涼しく冬は暖かい

・湿度を自然に調節してくれる

・防音性も高く、虫の発生も防いでくれる

とまさに最強の断熱材なんです。

窓ガラスがすごい!

断熱材に次いで、窓ガラスも「Low-Eガラス」という太陽の日射熱を50%カットしてくれるガラスを使用しています。

アルミ複合サッシで夏は涼しく、冬は暖房熱を外に逃がさないようにしてくれます。

冷暖房を使用しなくても涼しい・温かいが実感できるので、電気代の節約にもなるんですよ!

まだまだ続くローコスト住宅の魅力

デイクの家のローコスト住宅は、耐震強度や断熱性、窓ガラスなどローコストながらも品質に絶対に手を抜かない家づくりを心がけています。

しかしローコスト住宅の魅力はまだまだこれだけではありません!

こちらの記事もお見逃しなく!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる