【笛吹市・山梨市・甲州市で土地を探している人必見!】こんな勘違いしていませんか?

土地を探しているんだけど、あっちこっちの不動産会社に行くのは面倒くさいなぁ~

デイク君

いくつもの不動産会社に行かなくても大丈夫なんだよ!

こんにちは。

ミスターデイク新築・不動産事業部、宅地建物取引士の村松です。

お客様の中には、多くの不動産屋さんに足を運び、土地情報を集めている人も少なくありません。

でもそれって、すごく時間や手間がかかりますよね?

気になる土地があっても、「不動産会社の営業となんとなく合わない」・・・なんてことも。

結論からいいますね。

不動産会社は信頼できる営業が見つかれば、そこで十分!

別に妥協しろといっている訳ではないんですよ。

多くの人が勘違いしていることなんですが、ネットやチラシに出ている土地などの不動産は、出している不動産会社でしか買えないという訳ではないんです。

目次

不動産仲介の仕組み

今、ネットなどで出ている土地などの不動産のほとんどが、仲介なんです。

仲介とは、土地を売りたい人(売主)と土地を買いたい人(買主)を不動産会社が見つけて契約まで面倒を見てくれる仕組みです。

土地の名義は、契約・引渡しが終わるまで、売主のままとなります。

イメージとしては、こんな感じです。

恐らく、皆さんも上の様なイメージを持っているのではないでしょうか?

しかし、先ほども言ったように、必ずしもネットやチラシを出している不動産会社でないと、その土地は買えないという訳ではないんです。

土地を売る場合

不動産会社は、土地を売りたいという人がいた場合、媒介契約を結びます。

これは、売りたい人と不動産会社で、「土地を買いたい人を探してください」、「土地を買いたい人を探しますよ」という契約です。

そして、媒介契約をした不動産会社は広告などを出して、土地の紹介をします。

今、一般的な方法としては、ネットやチラシになります。

自社のホームページやアットホーム等のポータルサイトに投稿したり、チラシに載せて土地を買いたい人を探しますが、それ以外にも他社の不動産会社に土地の情報を渡して、お客さんを付けてもらう方法があります。

土地を買う場合

土地を買う場合も売る場合とほとんど変わりません。

土地を買いたい人が、不動産会社に相談をすると、その不動産会社が買いたい人の条件に合った土地を探してくれます。

その中には、他社の不動産会社も入っているんです。

イメージはこんな感じ。

相談を受けた不動産会社が、他の不動産会社のHPや直接他社不動産会社から情報を貰ってお客様に土地を紹介してくれるんですよ。

レインズとは、不動産会社のみが使えるシステムです。

現在販売中の不動産情報を見ることができるんですよ。

レインズについての詳しい説明は、次回にしますね。

色々回らずに、不動産情報が手に入るんですね。

デイク君

信頼できる営業さんに出会えたら、そこでお願いするのがベストなんですよ。

でも、その分費用が掛かったりするんじゃないの?

デイク君

直接取り扱っている不動産会社さんに支払う費用(仲介手数料)と変わらないんですよ。

仲介手数料

不動産会社が土地を見つけて、無事契約・引渡しまで終了すると、仲介手数料が発生します。

これは、不動産会社に支払う「成功報酬」のようなものです。

売主・買主、両方が支払うのですが、仲介業者が1社の場合(両手)と2社(片手)の場合では、買主の支払先が変わるだけで、費用は変わりません。

仲介手数料は、「宅地建物取引業法」で上限が定められているんです。

仲介手数料の詳細については、別の機会に解説しまね。

仲介業者が1社の場合

売主・買主の間に入る不動産会社が1社の場合、売主・買主の両方がその不動産会社に仲介手数料を支払います。

これを不動産業界では、「両手」と呼びます。

仲介業者が2社の場合

売主・買主それぞれに違う不動産会社が入っている場合は、それぞれの不動産に仲介手数料を支払います。

これを「片手」と呼んでいます。

支払い額は、1社に支払うのと変わりません。

まとめ

  • 不動産会社は情報を共有している。
  • 他社が紹介している土地でも紹介することができる。
  • 仲介手数料は変わらない。
  • 信頼できる営業にお願いするのが一番。

不動産会社を何社も回らなくてすむと、時間や手間がかからずに助かりますよね。

あっちこっちに連絡したりして、訳が分からなくなってしまうなんて事もなくなります。

何度も言いますが、ぜひ「信頼できる営業」を見つけ、自分たちが納得する土地を見つけて下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる