浄化槽とは?

こんにちは!石ケ森です!

ブログ閲覧いただきありがとうございます!!!

突然ですが、「浄化槽」って知っていますか?

私は今では知っていますが、正直お家に関するお仕事をしていなければ「浄化槽」といわれても何に使うものか見当もつきませんでした。

先日お客様からも浄化槽とは?と聞かれました。

てっきり私だけが知識不足なのかなと思っていましたがお客様の中にもそういった方がいらっしゃるのでしたらこの記事をご覧いただいて知っていただけると幸いです。

1.浄化槽とは?

さっそくいきましょう!

浄化槽とは何ぞや?というところですが、簡単に言うと…

生活雑排水を浄化(きれいな水)にする装置のことです!

生活をするにあたって様々な雑排水が発生します。

雑排水とはトイレだけでなくお風呂や炊事、洗濯などで使った湯水のことを指します。

一般的に1人当たり約200Lこの雑排水が出ていきます。

もしこの雑排水がこのまま出ていくとどうなるでしょうか?

自然界にも影響が出ますし、不衛生ですよね?

極端な話ですが、雑排水がお家の周りを流れていたらどうでしょうか。

少なくとも嫌な気分になりませんか?

こういったことが自然界で起きるんです。

そうならないように浄化槽があるんです!

2.浄化槽と下水道の違い

上記で浄化槽はどういったものかご理解いただければと思います。

機能として言えば下水道と似た役割を持ちます。

下水道と浄化槽の違いについてご説明します。

下水道は…

・雑排水を下水路に流し、下水処理場で処理をする

・最初に受益者負担金(→下水道加入金)を支払えばずっと使える

・道路から配管を引き込む必要がある。(工事費がかかる)

一方浄化槽の場合

・雑排水をきれいにして川へ流す

・設置費用に加え、定期的に点検費、清掃費がかかる

といったことがあります。

あくまでも一部ですがこれだけでも違いがありますよね。

3.結局どっちがいいの?

結局のところどっちがいいのというところですが、結論から言うとどちらでも変わりません。

例えば費用面で言うと下水道の場合最初にかかるお金が非常に高いです。

例えば北杜市の場合、下水道升(ます)をつける場合、約20万~40万かかります。

取付の上に受益者負担金や道路からの配管引き込み工事といった様々な工事費がかかってしまいます。

打って変わって浄化槽は受益者負担金というものがありませんので設置費用と水を流すパイプのお金だけで済んでしまいます。

さらに、場合によっては補助金が使えることもありますのでよりお得です。

しかし、下水道と違って装置なので定期的に点検しないといけません。その際にお金がかかってしまいます。

これらを比べていくと実際に支払うお金はどっこいどっこいになることが多いです。

下水道だからいい、浄化槽だからダメなんてことは全然ありません。

それぞれにメリット、デメリットがありますのでそれらを鑑みてみるといいかもしれません!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

南アルプス店

〒400-0332  山梨県南アルプス市鏡中條344-1

甲府東店

〒400-0832  山梨県甲府市増坪町167-2

両店舗共通フリーダイヤル 0120-202-696

デイクの家/山梨県のローコスト住宅・新築戸建・注文住宅はお任せ下さい。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★前のページ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる