【笛吹市・甲州市・山梨市で新築を建てたい人必見!】地元の工務店と大手ハウスメーカーのメリット・デメリット

こんにちは。

ミスターデイク新築・不動産事業部、営業サポートの村松です。

いざ新築を建てるとなると、どこにお願いすればいいのかわからなくなりますよね?

チラシやテレビCMを見たり、小瀬や昭和町の住宅展示場などに行ったり・・・。

かと思えば、知り合いに大工がいるから話をしないわけにはいかなかったり、親から親戚の大工をすすめられたりと・・・。

も~どこで建てたらいいかわからない!

そもそも地元の工務店と全国規模の大手ハウスメーカーだと、どっちで建てた方がいいんだろう?

デイク君

建築会社で迷っている方に、地元の工務店と大手ハウスメーカーのメリット・デメリットを紹介します。

目次

地元の工務店

知り合いや親せきに大工さんがいる人も少なくないんじゃありませんか?

地元に根差した大工さんってとても安心感がありますよね。

メリット

地元の工務店のメリットは以下のとおりです。

地元に詳しい

地元の工務店の最大の武器は、やっぱり地域の事情に詳しいことです。

地元の慣習や風習を知っていて、地域のつながりを重視してくれるので、施工中のご近所トラブルも少なくすみます。

対応が丁寧

地元の工務店は評判が命取りとなります。

会社の規模も小さいため、少しでも悪いウワサがたってしまえば、すぐ仕事がなくなってしまうため、丁寧に対応もしてくれます。

設計の自由度が高い

大手ハウスメーカーは規格の住宅がメインとなり、そこから色々な条件をオプション等の追加で対応してくれることになります。

しかし、地元の工務店ですと、規格があまりなく、自分の要求を満たしてくれるお家を作ってくれます。

デメリット

地元の工務店のデメリットは以下のとおりとなります。

営業範囲が限られている

地元の工務店は、大手ハウスメーカーと違い、色々な所に支店があるわけではないので、活動範囲が限られます。

評判の良い工務店さんでも、距離が遠ければ断られてしまうなんてこともあります。

完成後のイメージがつきづらい

展示場などがないため、完成後のイメージがつきづらいということもあります。

実際に建ってみたらイメージと違うなんてことも・・・。

最近では、3Dソフトを使うなどして、お客様に提案する人も増えていますが、まだまだ多くはないようです。

見積などが遅い

工務店さんの場合は、少ない人数で会社を運営しているため、見積もりやプラン提案が遅い場合があります。

また、ハウスメーカーと違い、自社での研修などがないため、自分たちで新しい制度やトレンドを学んでいくしかありません。

そのため、工務店さんによっては、古いデザインのものを提案してくる場合もあります。

大手ハウスメーカー

テレビCMやチラシなどでよく目にする大手ハウスメーカー。

全国に店舗があり、住宅展示場などもあるので、新築を考えている方は必ず候補に入れると思います。

メリット

大手ハウスメーカーのメリットは以下のとおりです。

製品や施工が安定している

大手ハウスメーカーは、自社の工場で製造・組み立てをしています。

工程もマニュアル化されているため、品質や施工にバラつきがなく、安定した高品質の住宅を作ってもらえます。

マニュアル化されているため、工期も短くすみます。

完成後のイメージがつきやすい

大手ハウスメーカーは住宅展示場をもっていて、見学することが可能なので、完成後のお家のイメージもつきやすいと思います。

アフターメンテナンスが充実している

規模の小さな会社だと、アフターメンテナンスに手が回らなかったり、費用がかけれなかったりします。

その点、大手ハウスメーカーは定期点検を行い、アフターフォローをしてくれます。

倒産の心配が少ない

絶対とは言い切れませんが、地元の工務店と比べ、大手ハウスメーカーの方が倒産の可能性は少ないです。

入居後に何かあっても、倒産して会社がなければどうすることもできませんもんね。

デメリット

大手ハウスメーカーのデメリットは以下のとおりです。

建物価格が高い

みなさんがよく目にするテレビCMやチラシにも費用が掛かります。

また、大きな会社となれば、事務所の家賃や営業、事務員さんや工務担当なども多く所属しているため、人件費も馬鹿になりません。

住宅展示場を持っていると、建て替えなどの費用もかかります。

これらの費用は、お客様の支払から賄われるため、物件の価格を安くすることができません。

イメージとしてはこんな感じ。

自社工場で、製造・組み立てをしてコストを抑えていますが、会社を維持していくのに莫大な費用がかかります。

みなさんが展示場に見学に行き、帰り際にもらうパンフレットも、きれいなものになればなるほど、費用がかかっているんですよ。

設計の自由度が低い

大手ハウスメーカーの場合、ほどんどが規格の住宅になります。

決まった間取りを自分たちの住みたいように変更すると、オプションとして、別途費用が上乗せされてしまいます。

営業がコロコロ変わってしまう

全国各地に支店がある大手ハウスメーカーは数年で異動なんてこともザラです。

建築時に建てた営業が、どこかへ異動してしまい話が全く通じないなんてことも・・・。

建てた後ならまだしも、途中で変わられてはたまったものじゃないですよね。

まとめ

地元工務店のメリット

  • 地元に詳しい
  • 対応が丁寧
  • 設計の自由度が高い

地元工務店のデメリット

  • 営業範囲が限られている
  • 完成後のイメージがつきづらい
  • 見積もりなどが遅い

大手ハウスメーカーのメリット

  • 製品や施工が安定している
  • 完成後のイメージがつきやすい
  • アフターメンテナンスが充実している
  • 倒産の心配が少ない

大手ハウスメーカーのデメリット

  • 建物価格が高い
  • 設計の自由度が低い
  • 営業がコロコロ変わってしまう

どちらにもメリット・デメリットがあるため、やっぱり決めづらいですよね。

理想としては、3~4社くらいで比較するのがベストなんですよ。

1社や2社ですと、比較しづらいですし、逆に多すぎても悩みの種が増えるだけです。

自分たちに合った建築会社を見つけ、楽しくワクワクするようなお家づくりをして下さいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる