【笛吹市・山梨市・甲州市で新築を検討している人必見!】住宅ローンと車のローンの関係

住宅ローンはいくらまで借りれるのかな?

デイク君

住宅ローンは年収から計算されるんだよ。

こんにちは。

ミスターデイク新築・不動産事業部、ファイナンシャルプランナーの村松です。

住宅ローンを借りて新築を建てたいけど、自分はいくらまで借りれるか不安な方は多いと思います。

今回は、住宅ローンの上限の算出方法と山梨県ならではの注意を説明します。

目次

住宅ローンの借入限度額の算出方法

住宅ローンの借入限度額を計算するには、借入する方の年収がベースとなります。

例えば年収300万円の方の場合、まず月々の収入に換算します。

300万円÷12ヶ月で1ケ月当たり25万円となります。

デイク君

計算するのは年収です。
年収は、所得税などを控除される前の「総支給額」のことですよ。
控除されて、実際に受け取っている「手取り」とは違うので注意して下さい。

次に、月に借入することのできる金額を計算します。

月々当たりの金額に銀行が設定している返済負担率を乗じたものが、月々に借入することのできる金額となるんです。

一般的な銀行の返済負担率はだいたい25%に設定されています。

デイク君

返済負担率とは、その人が月々いくらまでなら返す(返済)することが可能かを表したものです。
返済が可能=借入ができる金額となるわけです。

今回の計算例は返済負担率25%とします。

先ほどの25万円に25%をかけると、62,500円となります。

この、62,500円が月々に借入することのできる金額です。

私は節約家で、普段から節約しているから、もっと返せるよ。

デイク君

たとえ、普段あまりお金を使わない方だからといっても、この比率は変わらないんですよ。

計算した月々の借入可能額に借入期間と利率で計算したものが、借入可能額となります。

上の表のように、月々の返済額62,500円、金利1%、借入期間35年とすると、借入限度額は22,140,689円となるんです。

デイク君

このようにして、借入限度額は決まるんですよ。

注意すべき他の借入

山梨県は車社会で、一人一台は車が欠かせません。

車をローンを購入して、現在支払い中という人も多いんじゃありませんか?

車のローンがあること自体は問題ないのですが、借入限度額が減ってしまうんです。

これは、車のローンに限ったことではありません。

他の借入がある場合、その借入の返済の分だけ、借入限度額が減ってしまいます。

他の借入がある場合の借入限度額の計算例

例えば、車のローンを月々30,000円払っていたとします。

先程の計算で算出した、月々の返済額62,500円から車のローン30,000円を差し引いた32,500円が返済できる月々の額になってしまいます。

32,500円の場合、下の表の金額が借入限度額となります。

先ほどの条件と同じく、金利1%、借入期間35年とすると、11,513,158円が借入限度額となります。

借入の無かった場合の限度額、22,140,689円と月々30,000円の返済がある場合の限度額、11,513,158円では、およそ1,100万円もの差が出てしまいます。

今回は収入が300万円の場合で計算したので、収入がもっと高かったり、月々の他の借入返済額が少なかったりすると、借入限度額は上がってきます。

車のローンがあるのは仕方ないとしても、なるべく月々の返済を抑えるか、自己資金を増やす必要がでてきますので、注意してくださいね。

携帯電話の機種代金も対象になる

最近の携帯電話の本体は色々と高性能な機能がついて、高くなってきていますよね。

分割で購入している人がほとんどだと思いますが、この携帯電話の機種代金もローンなんですよ。

月々の使用料と一緒になっているので、忘れてしまっている人もいます。

住宅ローンは、過去の返済履歴を調査するので、携帯電話の料金に本体が含まれている場合に支払いが遅れてしまっても、ローンの支払いが遅れたと同じなので、信用が落ちてしまいます。

まとめ

  • 借入限度額は年収によって計算される
  • 金利よって借入限度額は変わってくる。
  • 他の借入(車のローン)などがあると、借入限度額は少なくなる。
  • 携帯電話の機種代金もローンになる。

住宅ローンを借りる場合は、なるべく他のローンなどの借入を抑えておくのがベストです。

住宅ローンは金額も大きく、借入期間も長いため、一番と言っていいほど審査が厳しいです。

逆に言ってしまえば、住宅ローンを借りた後に車をローンで買うのであれば、何の問題もありません。

デイク君

住宅ローンを借りていると、車のローンを組めないと思っている人がいるけど、全然大丈夫なんですよ。

山梨は車は必需品ですけど、買換えと新築を検討している人は、まず新築を選びましょう。

デイク君

車の買い替えは、もうちょっと我慢してね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる