「地鎮祭」で行う「鎮め物の儀」(しずめもののぎ)

こんにちは、営業の大久保です。

本日は「地鎮祭」(とこしずめのお祭り)で行う、「鎮め物の儀」のお話をさせていただきます。

地鎮祭(とこしずめのお祭り)とは、家を建てる土地の神様に、土地の利用を許可してもらうよう祝い鎮める儀式のことをいいます。また、その土地上に建てる建物の工事の安全と家の繁栄を祈願する儀式でもあります。

「鎮め物の儀」

起工の行事である、「刈初の儀」(かりぞめのぎ)・「穿初の儀」(うがちぞめのぎ)と称して、施主・施工者が忌鎌(いみかま)・忌鍬(いみくわ)・忌鋤(いみすき)などにより、草を刈り、地を穿つ(掘る)所作をおこない、神様に工事の開始を奉告した後、お施主様・施工者が掘り起こした盛り砂に神職様が「鎮め物」を据え、安全を祈念します。

「鎮め物」とは

「鎮め物」とは、土地の神様に対する貢物の意味だそうです。「鎮め物」は、古墳時代の出土品にもあるくらいで、その歴史はとても古いのですが、一般の人が見る機会はほとんどないかと思います。

「鎮め物」は桐の箱に入っていて、箱のまま新築住宅の中心に埋めますから、中身を見ることもまずありません。

「鎮め物」の中身

神式や仏式で使う本格的な鎮物の中には7種で一組のものが入っています。

「鎮め物」の中に入っている7種一組は、

「鉄人像」、「鉄鏡」、「鉄長刀子」、「鉄小刀子」、「鉄矛」、「鉄盾」、「鉄玉」 になります。

「鎮め物」は、基礎工事を行っている工務店や建設会社の担当者が埋めるのが一般的です。

あまり宗教じみていない昔から日本で行われてきた風習ですので、「地鎮祭」(とこしずめのお祭り)を行った神職様・僧侶様、またはお施主様など誰が埋めても良いそうです。

その後、鎮め物はどうなるかと言うと、基礎工事の前に家の中心部分に埋めます。

埋めてしまうと「鎮め物」を見ることはもう出来ませんが、これからの工事の安全、完成してからのお施主様の生活を末永く見守ってくださいます。

「鎮め物」はマイホームを建築する際、建物の土台となる基礎に埋めることにより、工事の無事と土地・建物が末長く安全堅固であることはもちろん、またそこに住まう人たちが末永く幸せに暮らせることをを祈願するために、行われる神事だと思います。

今後、マイホームを建てる際の参考にしていただければ幸いです。

【お問合せはコチラ】

☆インスタやってます【クリック】

☆ツイッターやってます【クリック】

☆ユーチューブやってます【クリック】

【山梨最大級の不動産情報はこちら】

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

南アルプス店

〒400-0332  山梨県南アルプス市鏡中條344-1

甲府東店

〒400-0832  山梨県甲府市増坪町167-2

両店舗共通フリーダイヤル 0120-202-696

デイクの家/山梨県のローコスト住宅・新築戸建・注文住宅はお任せ下さい。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる