【笛吹市で新築を考えている方必見】非線引き区域とは?

こんにちは。

ミスターデイク新築事業部営業サポート担当の村松です。

新築を建てる場合、都市計画区域内では、必ず「市街化区域」「市街化調整区域」「非線引き区域」と区域分けされています。

不動産会社のHPやチラシにも表示されていますよね。

笛吹市の場合、ほとんどのエリアが「非線引き区域」ですが、そもそも「非線引き区域」ってなんだろう?って思いませんか?

あまり聞きなれない言葉ですもんね。

今回は、笛吹市で新築を考えているあなたに、「非線引き区域」についてお話したいと思います。

目次

都市計画区域内とは

都市計画区域とは、各都道府県知事が指定し、市街地を中心に一つのまとまった都市として整備・開発・保全する必要のある地域のことをいいます。

開発を促進するエリアと抑制するエリアを分けて、計画的に街づくりを進めていくんです。

他にも、準都市計画区域や都市計画区域外などがあるんですよ。

都市計画区域内で定められている区分

都市計画区域内では、「市街化区域」・「市街化調整区域」・「非線引き区域」に区分されています。

これらは「区域区分」と呼ばれています。

市街化区域

市街化区域とは、すでに市街化されている区域や、今後10年以内に優先的・計画的に市街化を図るべき区域のことです。

市街化区域では、用途地域が必ず設定されています。

デイク君

用途地域には、住居系、商業系、工業系があって、合計13種類の指定がされているんだよ。

【用途地域については、コチラの記事をチェック】

市街化調整区域

市街化調整区域とは、市街化区域とは反対に、都市の市街化を抑制する区域のことです。

市街化調整区域では、用途地域が定められておらず、定めることができるとなっています。

新築や増改築をする場合には、許可が必要なんですよ。

デイク君

自然環境を守り、景観を壊さない様規制しているんだよ。

非線引き区域

今回メインでお話したかったのが、この「非線引き区域」です。

都市計画区域内で、市街化区域・市街化調整区域でも区域の事をいいます。

笛吹市のように自然環境と住環境が混在しているような地域ですと、明確に区域分けができないからです。

2000年に行われた都市計画法改善以前は、「未線引き区域」と呼ばれていました。

法律上では、「区域区分の定められていない都市計画区域」とされています。

非線引き区域は、「市街化区域」・「市街化調整区域」に比べ、規制が緩く、建ぺい率や容積率の指定もありません。

【建ぺい率については、コチラの記事をチェック】

【容積率については、コチラの記事をチェック】

笛吹市の用途地域

笛吹市はほとんどが「非線引き区域」です。

基本的には、用途地域は定められていませんが、一部用途地域が定められているエリアがあるんです。

南北だとだいたい石和温泉駅から国道20号、東西ですとだいたい石和橋から平等川にかけて、用途地域が定められています。

お家が建てられないわけではないのですが、用途地域によって建ぺい率や容積率が指定されていたり、周辺環境に制限があったりしますので、必ずチェックして下さいね。

まとめ

  • 都市計画区域内には、「市街化区域」・「市街化調整区域」・「非線引き区域」がある。
  • 笛吹市のほとんどが「非線引き区域」である。
  • 非線引き区域内であるが、一部用途地域が定められている

不動産会社から物件資料をもらうと、必ず記載されている区域区分や用途地域。

あまり気にしない人がほとんどですが、知識として知っておくと、後で後悔するなんて事もなくなります。

ワクワクするようなお家づくりを楽しんで下さいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる