「地鎮祭」で行う「四方祓いの儀」(しほうはらいのぎ)!

こんにちは、営業の大久保です。

本日も、「地鎮祭」のお話をさせていただきます。

地鎮祭とは

「地鎮祭」とは、建物の新築や土木工事の起工の際などに、その土地の神様を祀り、工事の無事進行・完了と土地・建造物が末長く安全堅固であることを祈願するために、おこなわれる祭りです。

土地の守護神である大地主神(おおとこぬしのかみ)と、その地域の神様である産土神(うぶすなのかみ)、またその土地の神々である「此の地を宇志波伎坐(うしはきます)大神等」をお祀りします。

地鎮祭は地域により仕方が異なる場合もありますが、基本的な「地鎮祭」の流れは神社の祭儀とほぼ同様です。そのなかでも特徴的なこととして三つの行事があります。

四方祓いの儀(しほうはらいのぎ)

一つ目は、祓はらいの行事であり、「四方祓いの儀」(しほうはらいのぎ)と称して、祭場四方の敷地を大麻で祓ったり、米・塩・半紙を切って作った切麻(きりぬさ)などを撒き、祓い清めます。

刈初の儀(かりぞめのぎ)・穿初の儀(うがちぞめのぎ)

二つ目は、起工の行事であり、「刈初の儀」(かりぞめのぎ)・「穿初の儀」(うがちぞめのぎ)と称して、施主・施工者が忌鎌(いみかま)・忌鍬(いみくわ)・忌鋤(いみすき)などにより、草を刈り、地を穿つ(掘る)所作をおこない、神様に工事の開始を奉告します。

鎮物埋納の儀(しずめものまいのうのぎ)

三つ目は、供物の行事であり、「鎮物埋納の儀」(しずめものまいのうのぎ)と称して、神霊を和め鎮めるために鎮物の品を捧げて、工事の無事安全を祈念します。

土地の神に敬意をはらい、使用の許しを得て、工事の安全と生活の平安を祈願するという祭りの意味は、まさに日本人の生活習慣における伝統や信仰に基づいたものといえます。

今回は「地鎮祭」(とこしずめのお祭り)の中で、三つある特徴的な行事の一つ「四方祓いの儀(しほうはらいのぎ)」はどの様に行うかお話します。

「四方祓い」の順序

神職が米・塩・半紙を切って作った切麻(きりぬさ)などを以下の順序で撒き、祓い清めていきます。

① 北東の裏鬼門方向から祓い清め、右まわり(時計回り)で行います。

② 南東

③ 南西の表鬼門

④ 北東の順に祓い清めます。

⑤ 最後に土地中央を祓い清めて終了です。

(お施主様はこの神事の際、神職と同じ方角を向きお祈りいたします。)

まとめ

「地鎮祭」の「四方祓いの儀」はマイホームを建築する際、その土地をくまなく清め、工事の無事と土地・建物が末長く安全堅固であることを祈願するのはもちろん、またそこに住まう人たちが末永く幸せに暮らせることを祈願するために、行われる神事だと思います。

今後、マイホームを建てる前に「地鎮祭」を行う場合、「地鎮祭」にはこんな意味がある事を知っていただき、参考にしていただければ幸いです。

【お問合せはコチラ】

☆インスタやってます【クリック】

☆ツイッターやってます【クリック】

☆ユーチューブやってます【クリック】

【山梨最大級の不動産情報はこちら】

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

南アルプス店

〒400-0332  山梨県南アルプス市鏡中條344-1

甲府東店

〒400-0832  山梨県甲府市増坪町167-2

両店舗共通フリーダイヤル 0120-202-696

デイクの家/山梨県のローコスト住宅・新築戸建・注文住宅はお任せ下さい。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる