【笛吹市・甲州市・山梨市で平屋を検討している人必見!】平屋のメリット・デメリット

こんにちは。

ミスターデイク新築・不動産事業部、営業サポートの村松です。

最近、若い人から年配の方まで、新築で平屋を検討している方が増えています。

そこで今回は、平屋のメリット・デメリットを紹介します。

目次

平屋のメリット

平屋は使い勝手のよい導線をつくりやすい

平屋は2階建てと比べて上下移動がないので、掃除や洗濯、片付けなどが効率的な間取りをつくることができます。

玄関をできるだけ中央に設置すると、どの部屋にもスムーズに行き来できるようになるんです。

逆に、隅の方に玄関を設置すると、反対側の部屋に行くのに長い廊下を設けなければならないので、注意して下さい。

平屋は家族とのコミュニケーションがとりやすい

2階建てで、玄関のすぐそばに階段があると、年頃のお子様はすぐ2階の自分の部屋にこもってしまって、なかなか顔を合わせれないと心配するお父さん・お母さんもいらっしゃいます。

平屋ですと、生活すべてがワンフロアで完結するので、自然と顔を合わす機会は増えるはずです。

顔が見えれば、様子もわかり、コミュニケーションも取りやすいですよね。

平屋は耐震性が高まる

平屋は2階部分の重さが加わらないので、構造が安定し、2階建てより耐震性が高まります。

いつ、何が起きるかわからないからこそ、安心して過ごせるお家がいいですよね。

平屋はバリアフリーにしやすい

上下移動のない平屋ですと、バリアフリーに対応したお家にしやすいです。

現在年配の方や小さなお子さんがいる方はもちろん、自分自身もいずれは年をとっていくことを考えれば、後からリフォームするより、最初からバリアフリーになっていれば、経済的な負担も減りますよね。

平屋はメンテナンスの費用を抑えやすい

お家は建てたら終わりではありません。

建てた後には定期的なメンテナンスが必要になります。

外壁や屋根の塗装・修繕などは2階建てですと、大規模な足場が必要になります。

しかし、平屋ですと、簡易的な足場ですむ場合もあり、経済的負担を軽減することができるんです。

平屋のデメリット

平屋は建物の価格が割高になる

同じ延床面積であれば、平屋は総2階のお家より屋根や基礎の面積が2倍になります。

その分工事費も高くなるため、2階建てに比べ割高となってしまいます。

平屋は広い敷地が必要

平屋は前途したように、総2階建てのお家と比べ、基礎が2倍の面積となってしまいます。

つまり、建坪が2倍になるということです。

そのため、その建物が建てられるような広い敷地が必要となってくるのです。

広い敷地ということは、土地を購入する際、土地価格が高くなってしまいますし、毎年支払う固定資産税も高くなります。

土地に費用をかけすぎて、希望のお家が建てれないなんてことにならないように注意して下さいね。

平屋は日当たりが悪くなることも

平屋の間取りを考える時に一番頭を悩ませるのが、日当たりではないでしょうか。

例えば下のような平屋の間取り。

オーソドックスな平屋の間取りですが、何か気づきませんか?

各部屋の外周りに面している箇所が少ないのです。

赤の線が外回りに面している箇所です。

各部屋に収納を設けるとなると、なおさら外回りに面している箇所が減ってしまいます。

日当たりが悪いと、部屋が暗くなってしまいますし、そのために電気を必要以上につけて、光熱費が上がってしまっては元も子もありません。

なるべく各部屋が外回りに面しているようなお家をおススメします。

具体的には、コの字型など、凹凸のあるお家が日当たり、風通しが良くなります。

この様な形など。

まとめ

  • 使い勝手のより導線がつくりやすい。
  • コミュニケーションがとりやすい。
  • 耐震性が高まり、安心。
  • バリアフリーにしやすい。
  • メンテナンス費用を抑えやすい。
  • 建物価格が割高になる。
  • 広い土地が必要。
  • 間取りによっては日当たりが悪い部屋ができる。

いかがでしたでしょうか?

マンションやアパートに住んでいる方は、2階に上がるといる生活行動があまりないため、平屋の方が住みやすいかも知れませんね。

平屋を検討している方は、具体的な間取りや土地については、ぜひお近くの工務店さんに相談してみて下さい。

ミスターデイクの平屋施工事例はコチラ↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる