無料(タダ)で不動産を手に入れる方法?パート2!

ミスターデイク新築不動産事業部の加藤です。

宅建の勉強をしていると民法の時効というものがでてきます。

その時効には”取得時効”と”消滅時効”の2種類があります。

前回は取得時効について書きましたので、

今回は消滅時効の回です。

目次

取得時効とは?

取得時効に関する簡単なオサライです。

占有(センユウ/持っている、支配している)という事実状態が続いてると、

その効果として権利を取得するというもの。

具体例です。

Aさんという人がBさん所有の土地を所有の意思をもって平穏かつ公然に(普通の状態で)

一定の期間、占有を継続すればその所有権の取得時効が成立するというもの。

その期間は善意(他人のものだと知らなかった)かつ無過失なら10年間。

悪意(他人のものだと知っていた)または過失があるなら20年間です。

所有権以外の地役権、地上権なども時効取得可能です。

消滅時効とは?

「権利を行使しない状態が続いているときに、その効果として権利が消滅するというもの」だそうです。

例えば、AさんがBさんに対して「お金を返して」と請求できる権利をもっているとします。

但し一定の期間、Aさんが「○○円をかえして」と請求できるのに請求しなかった場合、

その権利が消滅してしまう。超ザックバランに言うと”借金がチャラになる”といった感じでしょうか。

どれくらいの期間で消滅するの?

どんな権利がどれくらいの期間で消滅するのか?

債権の場合は、10年。

債権また所有権以外の財産権(地上権・永小作権・抵当権など)は、20年です。

ちなみに所有権は消滅時効にかかりません。

いつから10年?

債権は原則10年で時効消滅しますが、いったいいつから10年なのでしょうか?

それは「権利を行使できるときから」です。

でいったい、それはいつか?

確定期限(○年〇月○日に代金を支払う)のある債権は、”期限到来時”。

不確定期限のある債権(例えば、○○が死亡したら支払う等)は、期限到来時。

期限の定めのない債券(売買目的物の引渡し時期を定めてない)は、債券の成立・発生時です。

時効の中断

債権の場合、時効の消滅は債務者(お金を借りた方)に有利なというか得をするイメージがあると思いますが、

”債権者(お金を貸した方)の権利というか立場はどうなの?”ということですが、

ある行動を起こせば、その時効の期間は中断というか”振出しに戻ります(チャラ、0になる)”。

どの様な行動を起こせばよいのでしょうか?

それは「お金を返して」とアピールすれば良いのです。

時効の中断事由

具体的にどのようにしたら良いのでしょうか?

①裁判上の請求(お金を返してと裁判をおこす)。

②裁判外での請求(催告という)、この場合は6か月以内に裁判の請求等が必要です。

裁判上の請求はもちろん催告でも裁判所に訴えを起こす必要があり、

さらに勝訴判決を勝ち取った場合のみ時効が中断します。

③承認。債務者が債務を承認することです。

すなわちお金を借りている人が「私はお金を借りています」と認めるだけ。

口頭でOK。裁判等一切不要です。

何でこんなことが認められるの?

取得時効にしろ消滅時効にしろ(特に取得時効)、何でこんなことが認められるのか?

「他人のものをもっている、また権利を行使しないなどという事実状態が継続すると、

社会の人はその事実状態通りの権利関係があると思ってしまいます。そこで社会安定の

見地から、その事実状態を法律関係までに高めようとするのが時効制度の認められてる

理由」だそうです。何か難しいですね~。

それではまた次回。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる