地名って難しいなぁ~

ミスターデイク新築不動産事業部の加藤です。

つい1~2年前まで山梨県とは縁もゆかりも無い生活をしていたのですが

何の因果か「○○○の手先!」ではなく、

山梨県に住み、仕事をするようになって1年以上経ちました。

私(加藤)が行う業務の中の一つに「土地探し」があります。

我らが優秀な営業MENから新築を検討されているお客様のご要望をもとに

エリア(市町村など)、土地の広さ、値段やその他条件で

土地を探すよう依頼されます。

それをもとに主にインターネットで情報をあつめ

直接その物件をあつかっている不動産業者さんに

電話をしその物件が紹介可能か(売れていないか)?

資料を頂けないか?(物件の場所など特定の為)など問合せます。

その時に結構戸惑うというか何というかが・・・

目次

地名の読み方

です。

これは山梨にかぎらず日本の都道府県すべてに共通することだとは思いますが・・・

そして以外に苦労するのが「町(マチ)なのか町(チョウ)なのか?」です。

市、郡、村は全く問題ないのですが(あたりまでですが)。

ちなみにミスターデイク新築事業部は南アルプス市にあるのですが

私(加藤)が独断と偏見で選んだ

南アルプス市難しい地名ベスト3

を発表します。

第3位は・・・「野牛島(ヤゴシマ)」です。

これは少なくとも”ヤギュウジマ”とは読めるので、

きっと親切な人なら「あぁ、それは”ヤゴシマ”ですよ」と教えてくれるでしょう。

そして第2位は・・・「曲輪田(クルワダ)」です。

う~ん。後の2文字”輪(ワ)”と”田(ダ)”はわかりますが。

”曲”(マガル、キョク等)はどうしてそうなるのか?

なんか曲がってるから「クルッ!」ってこと?

さぁ、お待たせしました(待ってない?)、

今週の(?)南アルプス市難しい地名第1位は・・・

ドコドコドコドコ(ドラムロール)・・・ジャーン!

「御勅使(ミダイ)」に決定です!

「御勅使???テシガワラ???」

もうまったくもって読めません(私は)。

さらに私を苦しめる(?)のが

旧地名

南アルプス市は本当に最近できた新しい地名(市名)ですので

当然いろいろな合併等が他のところよりも多いのが予想されます。

我らが優秀な新築営業MENは当たり前のように旧地名を使い

土地を探すように依頼してきます。

例えば・・・

旧櫛形町、旧甲西町、旧八田村、旧白根町、旧若草町などなど。

お陰様で、学校、公共施設、公園等の名前として未だ使われてはいますので、

なんとか特定することは出来るのですが

結構大変です。

というわけで今回は情報というより

”愚痴”という感じでお送りしました。

それではまた次回。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる