【笛吹市・山梨市・甲州市で新築を考えてる人必見】借入額を増やせる!収入合算について説明!

住宅ローンを借りたいけど、今の年収だと満足な金額が借りれない・・・。

デイク君

借入額を増やす方法として、収入合算があります。

不動産を購入する場合、多くの人が住宅ローンを利用しています。

住宅ローンは年収をベースに借入可能金額が決まってしまいます。

気に入った土地や満足な間取りが決まっても、借入金額が足りないとなると、何かしら妥協しなくてはならなくなってしまいますよね。

そんな時には、夫婦や親子で収入を合算することができる、収入合算という方法があります。

目次

収入合算の種類

収入合算には3つのパターンがあります。

1人の名義で融資を受ける場合は下記のようになります。

(夫名義のみで融資を受ける場合)

債務とは、住宅ローンを返済する義務の事です。

連帯保証

連帯保証は、収入を合算する人が、連帯保証人となります。

(夫が主債務者で妻が連帯保証人の場合)

連帯保証は、主債務者が返済を怠った場合に、「まず主債務者に請求して下さい。」という催告の抗弁権と「先に主債務者の財産を差し押さえて下さい。」という検索の抗弁権がありません。

つまり、主債務者と同等の義務を負うことになるのです。

連帯保証人は住宅ローン控除の対象外となりますので、注意して下さい。

連帯債務

連帯債務は、1つの住宅ローンの借入契約(金銭消費貸借契約)に対してそれぞれが債務者となる契約です。

借入金額に対して、それぞれが返済義務を負うことになります。

(夫婦で連帯債務の場合)

例えば、2,000万円を夫婦で連帯債務として借入をした場合、それぞれが1,000万円づつ責任を持つのではなく、それぞれが、2,000万円の責任を持つことになります。

連帯債務は連帯保証と違い、住宅ローン控除をそれぞれで受けられます。

ペアローン

ペアローンには他の借入の様に、主債務者という概念がありません。

それぞれが金融機関に借入契約を行うからです。

例えば、ご主人が1,500万円の住宅ローンを契約し、奥様が1,000万円の住宅ローンを別に契約するということです。

合計で2,500万円を借入することができます。

この場合も、それぞれに住宅ローン控除を受けることができます。

ペアローンは2本の契約を行う事になりますので、金融機関へ支払う事務手数料や印紙代が、通常の契約に比べ2倍かかることになりますので、ご注意して下さい。

まとめ

・収入合算により、借入金額を増額することができる。

・収入合算には、「連帯保証」・「連帯債務」・「ペアローン」がある。

・連帯保証では、「催告の抗弁権」や「検索の抗弁権」が使えない。

・連帯保証では、住宅ローン控除を受けられるのは主債務者のみで、連帯保証人は受けられない。

・連帯債務では、連帯債務者も住宅ローン控除を受けられる。

・ペアローンでは、事務手数料などが2倍になる。

収入合算するためには、当然ながら両方に収入がなくてはなりません。

また、審査も両方に行うので、必ず増額できるとは限りませんので注意して下さい。

収入合算をすると、借入可能額は大きくなりますが、返済額も大きくなってしまいます。

無理をして大きな金額を借りて、返済不可能になってしまっては本末転倒です。

住宅ローンを借りる時は、しっかりと資金計画を立てましょう!!

山梨で新築をご検討していて、住宅ローンについて不安や悩みがある場合は、どんな些細な事でもお気軽にお問合せ下さい。

住宅のプロが一緒に不安や悩みを解決します。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる