【笛吹市・甲州市・山梨市で新築を検討している人】在来工法の特徴を紹介

お家を建てる工法には木造在来工法、ツーバイフォー(2×4)、鉄筋コンクリート造などがあります。

今回は在来工法について説明をします。

デイク君

デイクの家も木造在来工法なんですよ。

目次

木造在来工法とは

木造在来工法とは、木造軸組工法とも呼ばれています。

日本で古くから用いられてきた伝統工法で、柱と梁によって建物を支える構造が特徴です。

柱に梁を組み合わせて骨組みをつくり、屋根を張った後に壁などを取り付けます。

屋根が早い段階で出来上がるため、お家の中や建築の材料を雨から守ることができます。

日本で発展した工法のため、日本の風土に適した工法と言えます。

木造在来工法の特徴

木造在来工法の特徴を紹介します。

比較的に間取りが自由にできる。

柱と梁を組み合わせた構造の木造在来工法では、比較的に間取りを自由にすることができます。

よく比較されるツーバイフォー(2×4)は床や壁などの面で強度を保つため、大きな開口がとれなかったなどし、望んでいる間取りが出来ない場合があります。

リフォーム・リノベーションの自由度が高い

自由な間取りに適している在来工法なら、お子様が大きくなった、独り立ちした等、生活環境が変わった際のリフォーム・リノベーションにも適しています。

最近では夫婦二人になったからといって、部屋を少なくする「減築」をする人も少なくありません。

「増築」・「減築」の際にも在来工法なら、比較的容易に行うことができます。

まとめ

在来工法は自由な間取りが出来るので、思った通りのお家を建てる事ができます。

もちろんデメリットもありますが、そのことを十分理解していれば、大きな問題にはならないと思われます。

笛吹市や甲州市、山梨市で新築を検討している方は、ぜひ一度「デイクの家」モデルハウスを見に来て下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる