オーストラリアで不動産を買おう!パート3(ケアンズ死闘篇?)

前々回からの続きです。

以前、旅館業を営んでいた頃の話。

北海道のニセコや長野県の白馬でぼちぼち

オーストラリアからの観光客が増えてきたころ。

現地調査と遊びをかねて(本当は遊び99%)Go to trip!

せっかくだからあまり日本人が行かないようなところも

訪ねたいなぁ~ということで

まだ情報が脆弱だったインターネットを駆使して

豪州の最高峰「Mt. Kosciuszko(コジオスコ山/2228m)」

周辺にスキーやトレッキングのできるリゾートがあるのを知り

バスやら宿やらをBook!

日本のゴールデンウィークが終わった後

成田から世界一安全といわれているカンタス航空機で

まずはシドニーへDeparture!

シドニーから首都キャンベラへ

キャンベラからバスに乗り数時間

コジオスコ山の麓町”スレドボ”に到着。

チョットだけコジオスコ山をトレッキング。

お世話になった宿の女主人や他の宿泊客の皆さんとディナーへ。

そしてあくる朝。

目次

国立公園

朝食がてらいろいろと宿のオーナーに質問しました。

スレドボはほぼ国立公園内にあります(確か?)。

そこには当然厳しいルールがあります。

例えばペットは買えません。

更に草花を植えたりも出来ません(植木鉢はどうだったかなぁ~?)。

まぁ、当たり前と言えば当たり前ですが。

ちなみに30分ほど車で下ったところにある

宿などが沢山ある町”ジンダバイン”にはそのような規則はない(はず)です。

不動産を転がせ!

ローリングストーンズの名曲に「ダイスを転がせ!」というのがありますが、

不動産も転がしましょう(?)

そのオーナーさん近々宿を売却するというお話で

買った値段と売る値段を聞いたところ(金額は忘れました)

結構な儲けで「上手くやったなぁ」って感じ(羨ましい)。

確か次にやる事も決めてない様でまさに悠々自適。

Real Estate

その後、シドニーやら(英語の発音は”シッニー”って感じ)

ケアンズやら(英語の発音は”ケーンズ”ってな具合)で

不動産屋さんをいくつか巡り、ちょっと資料を見たりしただけで日本へ帰ってきました・・・

ってのは嘘で本当はその後約5週間ケアンズにあるオーストラリア人(イギリス系)のご家族

(ホスト父&母、20才の倅、スイス人のホームステイメイト)宅で

ホームステイ!(英語しか通じない!)

グレートバリアリーフでスキューバダイビング(英語の発音はスクーバ)をしたり

夜はバーやらクラブへ。ありとあらゆる”オーストラリアBEER”を飲みまくり、

死ぬほど高いタバコ(本当はただのマルボロ)を吸いまくり、

すっかりダメ人間になったところで

成田へArrival!

以上「オーストラリアで不動産を買おう」でした(どこが?)。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる