【笛吹市・甲州市・山梨市で新築を考えている人】新築を建てるのに頭金は必要?頭金有り無しより、金利の低さが大事!

こんにちは。

ミスターデイク営業サポート、ファイナンシャルプランナーの村松です。

お家を建てる費用として、住宅ローンを利用される方がほとんどです。

お家を建てるのには、「2割の頭金が必要」なんて言われていたこともありましたが、現在では、頭金が無くても住宅ローンで全額を借りてお家を建てることができるんですよ。

目次

頭金2割はバブル時代のお話

2割の頭金が必要と言われていた原因は、バブル時代の住宅ローン事情によるものなんです。

当時、金融機関は変動金利しか取り扱っておらず、金利がものすごく高かったんです。

そのため、住宅金融公庫(現:住宅支援金融機構)の融資が主体でした。

そして、住宅金融公庫の住宅ローンの融資額は、「物件価格の8割まで」だったんです。

そのため、残りの2割を頭金(自己資金)で用意しなくてはなりませんでした。

これが、「2割の頭金が必要」ということになったんです。

現在は、住宅支援機構や一般の金融機関でも住宅ローンを10割借入することができます。

ミスターデイクのお客様も、頭金なしでお家を建てられた方が大勢います。

返済額の違い

頭金がある場合とない場合の返済額の違いについて説明します。

例えば、土地、建物、諸費用を含め2,500万円の費用が必要だったとします。

頭金500万円と頭金0円の場合

2,500万円の2割、500万円の頭金がある場合と頭金なし場合で、金利1%・35年返済とします。

返済額は下の表のとおりです。

月々の返済額は、頭金の有り無しでおよそ1,4000円違います。

35年返済時の利息は、およそ100万円の違いとなります。

金利が違う場合

頭金がなしで、借入額2,500万円、返済期間が35年、金利が1%と1.5%の場合の返済額は以下のとおりです。

月々の返済額はおよそ1万円の違いですが、利息額の差はおよそ250万円にもなります。

まとめ

お子様がいたり、年齢が若かったりすると、なかなか頭金を貯めるのは難しいですよね。

例のように、頭金を貯めるよりは金利の低いうちに住宅ローンを借りて返済してしまう方が、最終的には出費を抑えることができるんです。

低金利の今だからこそ、お家の事を考えてみてはいかがでしょうか?

ミスターデイクでは、経験豊富な住宅ローンアドバイザー等が、皆さんにピッタリの資金計画を提案しています。

ぜひ一度ご相談下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる