クリント・イーストウッド最新作

クライマッチョ。

先日鑑賞してきました。

1978年。マイクはかつてはロデオで名を馳せたが現在は落ちぶれ馬の調教師で生計を立てている。

彼はある日とある仕事を受ける。

それは、メキシコでアルコール依存症の母親と暮らす少年をテキサスに住む少年の父親の元に送り届けたら5万ドル支払うという内容だった。

マイクは少年と共にテキサスへと向かう道中、少年との交流を深めていく・・・

といったあらすじです。

イーストウッド、もう91歳?なんですね。 映画が世に誕生してから、ずっと前線で活躍している、まさに映画人間です。

俳優だけでなく監督業を初めて既に半世紀だそうで・・・主演・脚本・監督、全部こなせるし、必ずヒット作になる。すさまじい経歴です。

この「クライマッチョ」ですが、イーストウッドと少年を絡ませるドラマという事でなんとなく「グラン・トリノ」みたいな作品なんだろうと思い、そこまで大きな期待はしていませんでした。

平日とはいえスクリーン場内もガラガラ・・・全部で5組程度しかいなかったと思います。 それもおじさんばかり。

まぁ、若い人はイーストウッドって誰?ですよね(‘Д’) 僕ですら自分のおじいちゃんより年上だし。

見終えた感想としては、期待通りというか、コメントに困る出来でした。

こんなにあっけないラストって、現代映画ではないんじゃないかな??? 70・80年代のゆるやかロードムービーみたいな・・・ 明確な起伏も少なくて、クライマックスがあのシーンか・・・って感じでした。

登場人物も憎めないけど、ご都合主義というか、無理やり感があるというか。

何時に来るかよくわからいのにずっと車の外で待ってるか??とか、あの年の女性が遠くまで歩いて2人分のご飯持ってくるだろうか・・・とか。

これ、イーストウッドでなく、誰だか知らないおじいちゃん俳優が演じてたら間違いなく全国劇場公開作品になんかならないです。 

イーストウッドが好きで、過去の経歴や作品・作風にある程度理解があってこそ許せるし、成り立った映画だと思いました。

ファンでない方、勧められません_(._.)_

【お問合せはコチラ】

☆インスタやってます【クリック】

☆ツイッターやってます【クリック】

☆ユーチューブやってます【クリック】

【山梨最大級の不動産情報はこちら】

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

南アルプス店

〒400-0332  山梨県南アルプス市鏡中條344-1

甲府東店

〒400-0832  山梨県甲府市増坪町167-2

両店舗共通フリーダイヤル 0120-202-696

デイクの家/山梨県のローコスト住宅・新築戸建・注文住宅はお任せ下さい。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる